スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国鼎立2

三国鼎立2
 日本のフリーソフトです。以前はシェアウェアだったのですが、現在はフリーソフトとなっています。ヤフーで検索すれば、一番にでてくる「北の軍神」様のサイトからダウンロードできます。(ベクターからでもOKですが)
 ポイントトゥポイントで都市が結ばれています。

<ゲームの特徴>
 「中央軍」以外、攻撃できません。「中央軍」を結成することにより、はじめて「中央軍」の隣接都市に攻撃できるようになります。防御も同様に、中央軍に隣接している都市が攻撃を受けた場合は、中央軍で防御できます(波線で示される山道で隣接している都市を除く)が、それ以外の都市は、その都市の軍で防御することになります。
 内政は、ターンごとに1回。しかも、中央軍にいる武将が提案する策の一つを採用する、という形をとります。したがって、プレイヤーがいかに募兵したいと思っていても、武将が募兵を提案してくれなければ実行できないのです。
 武将データが隠されています。いろいろ任務を遂行したりしていると、徐々に明らかになってきます。武将ごとに固有のレベル(1レベルから6レベルまで)があるので大体の強さはわかるのですが、振れ幅はかなり大きいです。強い武将ほど、振れ幅が大きい気がします。ですので、正史に近い、軍政家としての諸葛亮の場合もあれば、演義のように、鬼神のような知謀をもつ諸葛亮が出現することもあります。

 このように、かなり斬新なアイデアが盛り込まれています。そして、チマチマ内政を繰り返す必要はありませんので、プレイヤーは戦略に集中することができるのです。それにゲーム時間も長くて5、6時間です。AIも強いです。市販のゲームとはアプローチが異なるため最初はとっつきにくいかもしれませんが、ボードゲームテイストのなかにコンピュータの特徴を生かした(データのマスク化など)、なかなかの好ゲームだと思います。

<ゲームの紹介:今回はきちんとやりますよ(笑)>
 このゲーム、ビスタやXPでもプレイ可能なのですが、ヘルプマニュアルを見ることができません。(追記。ヘルプマニュアルは見れるそうです。コメント欄を参照してください。ham様、どうもありがとうございました。)そこで、記憶を頼りに、細かく紹介することにします。

 1年は4ターン。3ターン目に兵糧収穫があります。セーブは2年に一度。硬派です。

<パラメータ:げえ、兵法値60の諸葛亮>
 中央軍ウインドウの巻物ボタンを押すか、武将の場合は右クリックすると詳細が分かります。
武将パラメータ
強打・牽制・弓術
先鋒に必要なパラメータです。たしか普通の合戦では牽制のパラメータが重要だった気がします。(違ってたらごめんなさい)先鋒武将は一騎打ちが起こる可能性があるので、これらの値が高いに越したことはありません。
兵法 軍師に必要な能力です。これの値は、合戦の勝敗を決めるかなり大きな要素となります。
内政 中央軍に内政の高い武将がいないと、行政力が低くなります。
外交 外交時に必要な能力です。
体力 この値がかなり下がると、病気になります。ゼロになると、武将は死にます。毎ターン少しずつ回復します。
忠誠度 最大6です。3あれば寝返ったり在野に下ったりすることはありませんが、2以下だと少々危険です。忠誠は自然に増減しますが、上げたい場合は、政治→面談を行います。

中央軍パラメータ
名声 高いと人材登用に成功しやすくなります。また王位就任や、皇位就任のためには高い名声が必要となります。
屯田率 高いと兵糧の減少が減ります。(私はあまり使いませんが)
行政力 無・劣・良・優くらいにわかれています。国力増加に関係してくるんだったか、、よく覚えていませんが、重要な数値ではあります。内政値が高い武将を多く入れておくと上がります。
国力 たしか国力1で千の兵糧が収穫できるはず、、、。
兵数 中央軍の兵数です。
兵糧 中央軍の兵糧です。中央軍の兵数に応じて減少していきます。ゼロになると、兵が減ったりなんなり困ったことになるので、気をつけましょう。

マップ上の情報
原則非公開ですが、都市の城の高さで国力、旗の数で兵力が大まかにわかります。


<コマンド:極めて簡単。>
 1ターンでは、政治、軍事、教育のコマンドをそれぞれ一つずつしか実行できません。

政治→面談
 武将と面談します。武将からゲームに役立つ情報を得ることもできますが、主な目的は忠誠度をあげることです。ランダムで忠誠度があがります。(あがらないこともあります。)
アイテムを与えることもできます。忠誠度が大幅に上がります。

政治→会議
 国が行う政策を決定します。一旦決定すると、次に会議を開くまで、ずっと同じ政策をし続けます。
 政策の種類は、、
募兵 兵を集めます。武将が独自に兵を集めてくることもあります。
仁政 民に兵糧を与えて、名声を上げます。武将が独自に夜盗を退治して、名声を上げることもあります。
人材 人材を探索します。自分の領土に武将がいると、その領土にいる人材を探し当てやすいようです。
徴収 兵糧を民から徴収(略奪?)します。名声が下がります。
農政 屯田をします。兵糧の減り方が下がりますが、軍を動かすと屯田率も低下します。
外交 特定の1勢力と不戦同盟の交渉を行います。不戦同盟の期間はランダムのようです。
待機 特に何もしません。しかし、武将の体力回復が早くなります。

軍事→集結
 中央軍を設立したり、今ある中央軍を解散したりできます。中央軍を解散させると、中央軍が持っていた兵力は各都市に分散配置されます。中央軍は一つしか作れません。

軍事→出兵
 中央軍の隣接国に攻め込みます。先鋒と軍師を選び、侵略国を決定します。つまり、出陣する武将は常に2人までです。

軍事→殖民
 中央軍がいる都市から、隣接する自国エリアに民を移します。

教育
 武将の一人を教育し、能力値を上げます。コツコツ教育を積み重ねないと能力があがらないので、私はあまりこのコマンドを使ってません。(笑)

完了
 ターンを終了させます。


<マップ上でできること:最初は結構見落としがち>
武将の移動
 武将の移動はドラッグ&ドロップです。これで中央軍に入れることも、ほかの自国都市に入れることもできます。中央軍ボックスは左上が君主で固定、その右隣が軍師です。軍師はいろいろと助言してくれますので、優秀な者を入れておきましょう。あとは自由にいれて問題ありません。また、都市には二つスロットがありますが、左が先鋒、右が軍師ですのでご注意を。

黄色い星マーク
 そこに人材がいることを示しています。中央軍に空きがあれば、クリックすることにより招へいすることができます。自国領に星があれば、君主自ら出迎えることもできます。成功率は名声値と相性によって左右されます。招へいに失敗すると、星は消えます。
黒っぽい星マーク
飢饉が起きている都市です。自国都市であれば、クリックすることにより、民に施しをして名声をあげることができます。

 ほかにも白、赤、青、緑の星がありますが、クリックするとどんな意味か説明してくれますので、押してみてください。

自国領内にある他陣営の旗
 拠点を失った他陣営の流軍がいることを表しています。クリックすると、武将が会議し、次の3つの行動を選べます。
交渉 流軍に兵糧を援助します。不戦同盟を結び、名声があがります。流軍がすでにほかの勢力と不戦同盟を結んでいると、断られます。
討伐 討伐します。流軍の兵を減らします。運が良いと、武将を斬ることができます。
放置 放置します。


<後漢皇帝:あやつり人形>
 後漢皇帝がいる都市を持っているプレイヤーは官軍になります。普通、後漢皇帝を擁していなくても官軍ですが、後漢皇帝がいるプレイヤーに攻撃を仕掛けると、賊軍になり、名声が下がります。
 皇帝を持っていると、ランダムに皇帝からの呼び出しがあります。応じると、君主の体力が減少します。応じないと自国及び皇帝の名声が下がります。
皇帝はたまに引っ越すことがあります。


<戦闘フェイズ:軍師大暴れ> 
 軍事→出兵を選んだり、他国が攻め込んでくると起こります。

 基本は4ターンからなり、基本的にはプレイヤーは前進するか、退却するかしか選べません。どちらか一方の軍の兵数、兵糧、士気のいずれかがゼロになると戦闘終了です。士気がゼロになって決着することが多いです。一騎打ちや、軍師の策などがランダムで発動します。軍師の能力によっては、コマンドで計略を発動させることもできます。(1戦闘で1度のみ)
 兵士数が多いと有利ですが、兵士数の差は決定的な違いにはなりにくいです。先鋒武将の軍事能力、軍師の兵法値が大きくものをいいます。
 川越え(点線)、山越え(波線)ルートを用いると、当初士気が低いところから始まるので、戦闘が不利になります。特に川越えの修正はかなりきついです。


<勝利条件:さあ、皇帝になろう>
 次のいずれかの条件をみたします。
皇位を得る。皇位を得るには、自国の名声がかなり高く、かつ、後漢皇帝の名声がかなり下がっていないと無理です。これもランダムでイベント発生します。(ランダムだったはず)
全国制覇

<最後に:関羽と諸葛亮だけじゃ勝てません>
 えっ?じゃあ、最強の先鋒一人と最強の軍師一人いれば連勝連勝じゃないかって?それだと武将が過労死します。また、広がった国を防御するにもやはりそれなりの数の武将は必要です。

スポンサーサイト

ターン制ストラテジー紹介

非ターン制ストラテジーゲーム

戦略級ボードウォーゲーム紹介

作戦級ボードウォーゲーム紹介

ゲームの周辺情報

非ウォー ボードゲーム

パソコンゲームの考察

ボードゲームの考察

プロフィール

kapukul

Author:kapukul
・カテゴリを再編成しました。
・末尾に目次を表示しました。(めぼしいカテゴリのみ)
2016/5/17更新

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。