スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCゲームとボードゲームのサイトなどなど。

  PCゲームとボードゲームのサイトについて、ちょっとまとめてみました。
 まあ、有名なサイトばかりなので、みなさんご存知だとは思うんですが、意外にPCゲームに詳しい方はボードゲームの情報を知らなかったり、その逆もあるかなあ、と思いましたので。
 私の情報収集能力はあまり高くないので、もっと良いサイトもあるかもしれませんし、もっとよい使い方もあるかもしれません。
 それぞれ感想を付け加えてみました。感想がずれていることもあるかもしれません。英語のサイトが多いですが、ぼんやり眺めていれば、なんとなくわかる、という感じのものも多いです。


PCゲーム

Steam(日本語対応あり)
 PCゲームのダウンロードサイトです。コンビニ支払い(使ったことないので詳細はわかりません)や、ウェブマネー(私はもっぱらこれです)にも対応していて便利です。
値引きセールも頻繁にしています。
 PCゲームのダウンロードサイトは他にもいくつもあるようです。
私の場合、「ターン制ストラテジー」などで絞り込んで、「ユーザーレビュー」の評価順で並び替えて、面白そうなゲームを探したりもしています。
 ターン制ストラテジーを検索する際の難点は、戦略・作戦級と戦術級がいまいちきちんと分かれていないところなんですよね。戦略・作戦級と戦術級は、ゲームとしては全く違うと思うんです。 ターン制ストラテジーがもっと盛り上がっていれば、分類も分かれてくるんでしょうけれど。

Steamspy(英語)
 steamでどのゲームがどれくらいダウンロードされているかがなんとなくわかるサイトです。「ユーザーレビューの評価は高いけど、実際どれくらい売れているんだろう」と疑問に思った際には、このサイトで確かめたりしています。

metacritic(英語)
 いろんなものの評価が載っているサイトで、そのなかにゲームの評価もあります。ものすごく参考になるかと言われれば、そうでもない気がしますが、私はPCゲームのuser スコアを眺める時があります。userスコアがメタスコアとはかけ離れているゲームも多いんですよね。個人的にはメタスコアは参考にしておりません。あまりマイナーなゲームは載っていなかったりします。また、私の感性とはかなり違うことも多いです。


ボードゲーム

boardgamegeek(英語)

 世界中のボードゲームのいろんな情報がゲームごとに載っています。
どちらかというとドイツゲームに強く、ウォーゲームはちょっと弱い感じがします。ウォーゲームの場合、ドイツゲームよりのウォーゲームの評価が高めな気もします。
adv.serchで絞り込み検索ができるんですが、戦術級と作戦・戦略級の区分がないです。ヘクスやポイントトゥポイント、カードドリブンなどでは絞り込めるんですけれど。
 また、ウォーゲームの場合、雑誌の付録ゲームというものも多いのですが(日本ならコマンドマガジン、ゲームジャーナルなど。海外ならstrategy &tacticsなど)、そういったゲームはあまり認知されていないようです。でも、雑誌の付録ゲームでも面白いゲームは多くて、信長包囲戦とか、まさにそんな感じです。

 トップ画面でbrouse→datebase gamesでゲームがランキング化されます。参考にはなりますが、自分の感性というものがあるので、それが絶対的なものではないと思います。ずうっと一位がトワイライトストラグルでしたが、あのゲーム、私にはあまり合いませんでした。(1回しか遊んでいませんが)ただ、avg ratingが低いゲームは、多分イマイチなんだろうなあ、とは思いますが。

vassal(基本的には英語)
 ボードゲーム通信対戦ツールです。特にウォーゲーム方面に強いです。私は最近通信対戦をしていませんが。

Must attack(日本語)
 ウォーゲームを楽しむ人用のSNSです。
スポンサーサイト

Ticket to Ride

 

続きを読む

Spectromancer

 マジックザギャザリングのガーフィールドが関わっている、ファンタジーな「トレーディングじゃない」カードゲームです。steamなどで入手できます。オンライン対戦もできるようですが、私は対コンピュータの「キャンペーン」と「リーグオブヒーローズ」しか遊んでいません。
 基本ルールはとても簡単で、派手な演出はありませんが、なかなかに奥深く、そしてAIが強いです。キャンペーン中に同じカード構成の敵と戦うことがあったんですが、4回挑戦してようやく勝てました。まあ、私が下手なだけかもしれませんが。
 英語ですが、基本ルールはとても簡単ですし、特殊ルールなどがあっても、英語は比較的簡単な部類だと思います。また、日本語情報としては、砂人さんのサイト「SAND STORM」で、カードの解説ほか、詳細に紹介されています。

<ゲームの概要>
 ユニットを召喚したり、呪文を唱えて、相手の本体体力をゼロにすると勝ちです。これは、マジックザギャザリングと同じですね。

<ターンの流れ>
1 パワー上昇(自動)
2 カード使用
3 攻撃(自動)
これを先攻・後攻でぐるぐる繰り返します。

<パワー:マジックザギャザリングで言うところのマナです。>
 カードを使用するには必要パワーを支払わないとならないのですが、このパワーは、毎ターン1、全ての属性「火」・「水」・「風」・「地」+「固有クラス」においてもらえます。

<カードの使用>
 このゲーム、カードを毎ターン1枚引いて・・・というデッキ方式ではありません。最初から、「火」・「水」・「風」・「地」+「固有クラス」の5種類の属性×4枚=20枚のカードが選択できる状態になっています。この20枚のカードは、固定ではなく、毎ゲームランダムに変わります。火水風地は12枚、固有クラスは8枚から選ばれます。
 つまりこのゲーム、普通の遊び方ではカードを収集する必要がないのです。(まあ、トレーディングカードゲームの場合、カード集めも楽しみの一つではありますが、その分おサイフにも厳しいですので。)

 それぞれのカードにマナコスト(パワーコスト)が設定されていて、それを支払うとカードを使用でき、ユニットカードならユニットを召喚し、呪文カードなら呪文を唱えます。1ターンには1回、カードを使用できます。
 20枚のカードは、使用してもなくなりません。

<ユニット>
 ユニットの基本ステータスには、「攻撃力」と「生命力」の2つです。
 ユニットは、6つあるスペースのいずれかに召喚することができます。
<呪文>
 呪文は全て即時発動です。

<攻撃>
 カードを使用すると、次にユニットの攻撃が起こります。攻撃は自動です。

 これは、6つあるスペースで1対1攻撃が起こり、「攻撃力」分の相対するユニットの「生命力」を削ります。いわゆる「召喚酔い」があるので、ユニットを出したばかりのターンには攻撃をしません。
 相対するユニットがいない場合は、相手の本体にダメージを与えます。

<特殊ルール>
 「キャンペーン」や「リーグオブヒーローズ」では、特殊ルールが設定されていることがあります。そんなに難しいルールはないです。ゲームを開始後も、右下の「scenario descriptionで、特殊ルールを確認することができます。

<ヘルプ>
 左上に「view help」があり、遊び方(なんとわずか2ページ)、カードなどがコンパクトに説明されています。

<感想>
 このゲーム、先を読み、勝負を楽しめる好ゲームだと思います。見かけ上の派手な演出こそありませんが、個々のカード能力はとても個性的で、コンボというかシナジーもあります。もちろん、属性ごとに12枚から4枚のカードが選ばれるわけですから、毎回同じコンボを使えるわけでなく、変化が楽しめます。
 また、パワーが属性ごとに1ずつ上昇していくので、先を見越して計画的にカードを使用する必要があるんだと思います。
 さらに、自分については「完全情報」、相手については、現在たまっているパワーと、相手が使用したカードのみが表示される(ポートレートとポートレートの間にあるアイコンで見ることができます)という、「部分的な情報」かつ、「情報が徐々に埋まっていく」、というところが斬新で、とても興味深いです。マジックザギャザリングとかは、自分も相手も不完全情報ですから。
 相手が使えるカードもみないでテキトーに遊んでいる私は、AIに軽くひねられてます。

ターン制ストラテジー紹介

非ターン制ストラテジーゲーム

戦略級ボードウォーゲーム紹介

作戦級ボードウォーゲーム紹介

ゲームの周辺情報

非ウォー ボードゲーム

パソコンゲームの考察

ボードゲームの考察

プロフィール

kapukul

Author:kapukul
・カテゴリを再編成しました。
・末尾に目次を表示しました。(めぼしいカテゴリのみ)
2016/5/17更新

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。