スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光明?ボードウォーゲームについて

前回いろいろとターン制ストラテジーについての危惧を述べましたが、個人的に思う、ターン制ストラテジーが好きな人への光明は、ウォーボードゲームだと思います。

私は、パソコンターン制ストラテジーが好きな方に、近い趣味と思えるウォーボードゲームの紹介をさせていただく、というスタンスのもと、ボードゲームの情報は、導入的なものといたします。ウォーゲームをすでにやっていらっしゃる方は独自のアンテナをお持ちでしょうから。

最近、日本のウォーボードゲーム界も以前の停滞期に比べるとかなり活発になってきました。

 
まずは、パソコンゲームとボードウォーゲームの長所を比べます。
パソコンゲーム
・複雑な演算処理が一発でできる。プレイヤーは計算などを何もしなくてよい。
・戦場の霧などが反映しやすいなど、情報処理部が得意。
・豊富なガジェット、きれいなグラフィック。
・一人でできる。

ボードウォーゲーム
・パソコンゲームに比べると、システムがシンプル。
・盤面全部を見渡せるので、何をやればいいかがわかりやすい。
・対戦相手は人間なので、AIとは難易度が比べ物にならないし、「はめ手」は効かない。
・2時間から12時間強まで、ゲーム時間も色々なゲームがそろっている。(ただし、最初はゲームに記載されている時間の1.5倍はかかると思われた方がよろしいかと思われます。)
<短所>
・対戦相手が必要。

国産の代表的なメーカーのサイトを紹介します。
ゲームジャーナルhttp://www.gamejournal.net/
ウォーゲーム日本史http://wargamejapan.jp/
JWChttp://wargame-classics.jp/

ただ、ボードウォーゲームにもあたりはずれがかなりありますし、向き、不向き、もあるかと思います。そこで、導入として、良いのではないかなあ、と思われるゲームについて、次回から紹介します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ターン制ストラテジー紹介

非ターン制ストラテジーゲーム

戦略級ボードウォーゲーム紹介

作戦級ボードウォーゲーム紹介

ゲームの周辺情報

非ウォー ボードゲーム

パソコンゲームの考察

ボードゲームの考察

プロフィール

kapukul

Author:kapukul
・カテゴリを再編成しました。
・末尾に目次を表示しました。(めぼしいカテゴリのみ)
2016/5/17更新

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。