スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Civilization beyond earth 第一印象

 異星でのシヴィライゼーションです。昔、同じようなテーマで「アルファケンタウリ」がありましたね。拡張のRising Tide を入れて軽くプレイしてみました。このゲームはwikiがありますし、それほどやりこんでいないので、概略と私の第一印象を書いていきます。

<どんなゲーム?>
 一言で言うと、「異星のciv」、です。ベースはciv5なんですが、このゲームはSFらしく、冒険的なまでにいろいろな要素が含まれています。私の印象としては、Civ5のModというレベルは超越していると思います。といいますか、多分Modでこのゲームはつくれないんじゃないかなあ、と思います。

<いろいろな要素>
 では、いろいろな要素ってなんなのさ、ということですが。
①技術ツリーがすごいことになっている。
 技術開発はCiv5方式なんですが、技術ツリーが斬新です。まず、幹技術が34個くらいあります。これは、1→6→12→12→3くらいの同心円構造になっています。円の中心から外側に技術を伸ばしていくんですが、接している技術をとってさえいけば、どんどん円の外側の技術をとっていくこともできます。また、1つの幹技術に葉技術が1つか2つついています。技術の総数は90個程度あり、かなり多い感じです。
 技術の数も多ければ、技術の取得順番もとても自由で、この技術ツリーだけでも、「すごいなあ、夢があるなあ」と思います。とはいえ、外側の技術は開発コストが高いので、基本的には内側からとっていくことになるわけですが・・・

②美徳がこれまた面白い
 美徳は、civ5の社会制度みたいなものです。
 これが、横に「力」・「繁栄」・「知識」・「産業」と並んでおり、縦がtier1、2、3の長方形となっています。この4×3=12マスに、それぞれ5つづつの美徳があるので、合計60個の美徳がツリー上に配置されています。
 そして、横と縦でそれぞれセットボーナスがあります。例えば、「力」をtierにこだわらず5つとれば、「力」の一つ目のセットボーナスが効果を出す、という感じです。同じように、tier1を6つとれば、tier1の一つ目のセットボーナスが効果を出します。

③アフィニティー
 これは、「純潔」「調和」「至高」と3つあります。これは、新しい概念と言えると思います。civ5の思想と比較されますが、似ても似つかないものになっています。
 特定の技術を開発したり、ゲーム中のクエストを達成すると、経験値が上がります。それが一定に達するとレベルが上がり、さまざまな効果が発生します。また、2つのアフィニティーが一定レベルに到達していると、さらに別の効果を発揮したりします。今までいたユニットが強化されたりします。

④君主の性格
 君主の性格は、「キャラクター」「軍事」「内政」「経済」と4つあります。このうち、「キャラクター」はゲーム開始時にあらかじめ選んであります。残りの三つは、ゲーム中に「外交資本」資源を使用して、獲得することができます。それぞれ10個の選択肢から選びます。また、「軍事」「内政」「経済」はゲーム中に選びなおすこともできます。
 さらに、それぞれが「外交資本」を使用して2段階まで強化することができます。

⑤他勢力との協定
 ④の君主の性格に基づいて、他勢力と協定を結ぶことによって、それぞれ特殊効果を得ることができます。特殊効果を与えた側には、毎ターン外交資本が入ります。協定は、その勢力との関係が親密であれば、より強力な効果になります。

⑥建物の追加要素

 あらゆる建物は、初めて建設すると、イベントが発生し、建物の追加能力を2択で選択することができます。これにより、建物のカスタマイズができます。

⑦その他

 他にも交易、戦略資源、軌道衛星、諜報活動、アーティファクトなどの要素もあります。

<その結果>
 いや、まあ、すごいことになってますね。いろんな要素てんこもりです。おかげで地形改善によるタイル出力がすごいことになったりします。
 ちなみに、資源は、エネルギー(お金です)・科学・文化・外交資本・戦略資源5種と大きくわけて5つあり、この他にこのゲームでは、幸福度の代わりに健康度があります。

 それにもかかわらず、UIはとても良好で、画面もすごく見やすいです。このことには大変驚きました。さすがはciv、といったところです。

 ただ、これだけもりこんだので、ゲームバランスをとるのが極めて難しくなっているんじゃないかなあ、と思います。最後まで遊んでいないのですが、最高難易度でも、なんかチリチリしてこないんですよね・・・もっと続ければ違うのかもしれませんが・・

<勝利条件>
 アフィニティーが密接にかかわってくるようです。征服勝利もありますが、それ以外はクエストを達成していく方式のようです。クエスト達成方式、これが私には鬼門なんです・・・

<私の感想>
 豊富な要素には夢があるし、とても楽しいです。が、これ、ゲームバランスはどうなんだろう??と一抹の不安にかられます。また、クエスト達成方式というのが、私には鬼門なわけでして・・拡張込みでsteamで7,500円・・・うーむ。自信をもって人に勧められるか、というと・・・

 ただ、はっちゃけたくらいにいろんな要素を盛り込みつつ、UIと視認性は良好で、firaxis gamesの力を見せつけられました。私個人的にはこの冒険的な考え方は大好きです。そして、このゲームを日本語で遊べるということはすばらしいなあ、と思います。英語でこのゲーム、とてもやる気になれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ターン制ストラテジー紹介

非ターン制ストラテジーゲーム

戦略級ボードウォーゲーム紹介

作戦級ボードウォーゲーム紹介

ゲームの周辺情報

非ウォー ボードゲーム

パソコンゲームの考察

ボードゲームの考察

プロフィール

kapukul

Author:kapukul
・カテゴリを再編成しました。
・末尾に目次を表示しました。(めぼしいカテゴリのみ)
2016/5/17更新

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。